Staff Blog スタッフブログ

鉄骨造の特徴

2020.06.04

こんにちは❁


前回、木造の特徴のお話をさせてもらったので

今回は鉄骨造の特徴についてお話致します(^^)/


鉄骨造は、鉄の靭性(材質の粘り強さ)によって強度を持たせる構造です。


●工場での作業が多く、能率よく加工ができるため、工期が短縮できる

●強度が大きく、粘り強いので耐震的な構造としやすい

●小さな断面で、大きな荷重に耐えることができる


などの長所があります。


価格の面では、木造より高く、鉄筋コンクリート造より安くなります。



鉄骨造は、厚さ6mm未満の鋼材を構造体に用いる『軽量鉄骨構造』と

厚さ6mmを超える鋼材を用いる『重量鉄骨造』の2つに分けられます。


軽量鉄骨を用いる際は、比較的 小規模の建物が建てられることが

ほとんどです。

戸建て住宅やアパート、小規模の店舗などで採用されます。

階数としても2階建ての建物が中心となります。






大規模なマンションや工場などは、主に、重量鉄骨を用いて建てられます。





ちなみに、

日本の工場建築において もっとも多いのは、

構造の特徴と費用面から鉄骨造という調査結果が出ているそうです。


一生モノのMyHome

建物の用途、費用面など、多方面から検討することが重要ですね☆



❁花城❁

アーキ・ドゥ株式会社

沖縄の建築会社・設計事務所・一級建築士事務所です。

建築デザイナー・プランナーを集めハイセンスな住宅デザインを実現します。

注文住宅・分譲住宅・建売住宅、設計から施工までおまかせください。

Contactお気軽にご相談・お問い合わせ下さい。